よさこいといえば|豊富な柄が揃っている留袖のレンタル|日本人だからこそ似合う服装
レディー

豊富な柄が揃っている留袖のレンタル|日本人だからこそ似合う服装

よさこいといえば

祭り

北海道でも人気です

「よさこい」といえば、高知のお祭りとして知られていますが、実は北海道でも「よさこいソーラン」という独特の踊りが広がっています。札幌市では毎年大きなイベントが開かれているので、道内各地だけでなく、全国からも多くのチームが出場しています。よさこい衣装といえば、かっこよい法被を着て踊るのが定番です。少し長めのものを着るチームが多く、鮮やかな色合いや真っ黒など、デザインもそれぞれです。学校や幼稚園の行事で踊ることもあり、そんなときは子供たちもよさこい衣装である法被を着て踊ります。鳴子をもって一生懸命踊る姿に保護者の方も釘付けです。オリジナルの法被を特注で作るチームや団体も多く、北海道でも本場の高知同様にとてももりあがっています。

アイロンでシワなしに

北海道ではお祭りやイベントなどのほかに、子供たちの運動会などでも踊られるよさこいですが、そのときに着るよさこい衣装の法被は毎年引き継いでいくことが多いので、使用後はきちんと洗濯してアイロンをかけるのが大切です。もちろん学校や幼稚園によって、洗濯方法やたたみ方などの指定がある場合はそれに従うべきですが、次に着るときのためにシワがないように保管しておくと良いでしょう。よさこい衣装の法被は、とっても日本らしい衣装でもあります。みんなでそろって踊る姿は、本当に素晴らしい光景です。一生懸命練習した子供たちも、踊った後はきっと大きな達成感に包まれるでしょう。クラスや学年の一体感が感じられるところも大きな魅力です。